無利息キャッシング|ファイナンシャルプランナー直伝!無利息のコツ

無利息キャッシング

キャッシングで即日融資【急ぐ時の3つのコツ】

      2018/07/31

お金がなくて困った!そんな時に助けになってくれるのがキャッシングです。今回はそんなキャッシングの色々な豆知識と共に、即日融資をしてもらうための3つのコツをお教えします。

1、WEB申込

WEB申込

まず1つめのコツは申し込みの方法です。店舗に行って直接申し込む形式とWEB上で申し込む形式がありますが、WEB申し込みの方が圧倒的にオススメです。

まずわざわざ店舗まで行かなければならないのが時間の無駄ですし、そこでさらに審査落ちでもしようものならただの無駄足ということになってしまいます。ですので自宅で簡単にできるWEB申し込みを選びましょう

しかし審査に通るか通らないかというのはある程度予想がつくものでもあります。普通に働いていて、ある程度の収入がある方であれば過去に問題を起こしていない限り何の問題もなく審査に通ることがほとんどです。

では、どのような方が申し込んでも審査に通りにくいのでしょうか。「ある程度の収入がある」ということが審査に通る前提なので、「専業主婦・バイトなどをしておらず固定収入のない学生」などはまず審査に通りません。また、未成年の人はキャッシングに申し込むこと自体できません。

審査に通るかな?と悩んだら、まずは3秒診断を試してみることをおすすめします。

↓アコム3秒診断↓

↓プロミス3秒診断↓

 

2.確認の電話に備える

審査の電話

2つめのコツは「申し込み後に消費者金融からかかってくる電話に備える」ということです。申し込み後は「電話での確認→契約→カード発行 or 振込融資」というのが主な流れになってきます。ですので、スピーディーな融資を期待されている場合は、申し込み後にかかってくる電話を取り逃さないようにしなければなりません。ここで時間を使ってしまうと後の作業にも響いてきますからね。

申し込みの際は、本人確認書類が必要となります。運転免許証があればそちらで。もし無ければ「健康保険証」+「1点(例:住民票)」・パスポート等べつの本人確認書類が必要となります。現在住んでいる住所と上記書類記載の住所が違う場合には、現在の住所が記載されている住民票の写しや公共料金の領収書を一緒に用意しておきましょう。

また、これらに加えて以下の条件にあてはまる人はさらに「収入証明書」が必要になってきます。

・希望借り入れ額が50万円を超える人

・希望借り入れ額と他社での借り入れ残高が100万円を超える人

どちらかの条件にあてはまる人は最新の源泉徴収票や直近2か月分の給与明細などの収入証明書類を準備しておきましょう。

3.申込の時間

時計

最後のコツは「即日融資可能な時間までに審査を完了させて契約する」ということです。

時間に余裕のある段階で申し込み~審査を行えた場合は問題ありませんが、遅い時間帯での申し込みになってしまうと、そもそもの目的である「即日融資」がかなわなくなってしまう場合があります。ですので申し込み~審査~契約(融資)をスムーズに行ってくれる消費者金融を選ぶことが大事です。

私の経験ではプロミス・アコム・SMBCモビットの3社はスムーズに対応してくれましたので、即日融資をご希望の方はこちらの3社を利用されるとよいのではないかと思います。

ちなみに、いざ契約をした後に実際にお金を借り入れるわけですが、各消費者金融の無人店舗はだいたい22時まで(会社や場所によっては21時までのところもあります)の営業時間であることが多いので、この時間までに契約を完了しカードを受け取るようにしましょう。カードさえ受け取ってしまえば、審査で認められた貸出枠内で、消費者金融店舗のATMや、コンビニ等提携ATMでお金を引き出すことができます。

さらにもし、振り込み融資をご希望の場合は少し条件が厳しくなってきます。振り込みという過程を踏む必要がある以上、銀行の営業時間内には審査を終えておかなければなりません。一般的には【 】に審査が終わっていれば振り込み融資が対応可能だと言われています。

ですので

・無人店舗での借り入れ希望→無人店舗の営業時間内(~21or22時)に審査を終える

・振り込みでの借り入れ希望→平日の14時までに審査を終える

というタイムリミットを頭に入れておくようにしましょう。無人店舗での借り入れを希望する場合は土日に申し込んで審査を受けても大丈夫なのが嬉しいですよね

以上が即日融資をしてもらうための3つのコツです。これらのことをしっかり活用してピンチな時も即日融資で乗り切れるようにしましょう。

rank1

アコム

 

急ぐならアコムがおすすめ!審査は最短30分・融資は最短60分です。また、アコムは初めて利用する方へのサービスが手厚いです。30日間金利0円サービス(契約日翌日から)で安心!さらに、初めての借入に限り振込実施時間の延長(平日18時迄)があるので、窓口に行く時間が無い人にもおすすめです※三菱UFJ銀行/三井住友銀行/ゆうちょ銀行口座に対応。

加えて、クレジットカードタイプの会員カードを発行しているのはアコムだけ(全消費者金融の中で)。「自動契約機」で最短即日カード発行が可能です。

アコム申込ボタン

プロミス

審査は最短30分!即日融資も可能なのはプロミスです。原則24時間最短10秒でお振込可能、はじめての利用なら30日間無利息(メールアドレスとWeb明細利用の登録が必要)もあります。無人契約機の営業時間も長く、提携ATMの数も多いので安心して使えます。

また、郵送物はイヤ!という方は、Web完結ならカードレス(郵送物なし)も対応可能です ※ご希望に添えない場合もあります。

申込は24時間OK、土日でも審査をしています。

 

ここからは、上記内容についてより説明が必要な部分について補足していきます。

審査の中身

審査

融資を受けられるか否かというのは消費者金融の審査の結果次第なわけですが、この審査では「個人の信用情報」が非常に重要になってきます。端的に言うと「その人のお金に関する情報」というものです。ここで他社からの借り入れ残高が多かったりすると審査の結果融資NGになる可能性もあります。

在籍確認について

在籍確認については基本的に「消費者金融からの電話」だとバレないような形で行われます。間違っても「○○(消費者金融名)の□□ですが~」などと言うような電話の仕方はしません。多いのは「○○(個人名)ですが△△さんはいらっしゃいますでしょうか?」というような形での確認になります。本人が在籍していることが分かればいいので、電話口に本人が出なくても「ただ今△△は会議で席を外しております」などのように「在籍していることが確認できればOK」です。

しかし色々な事情により、どうしても電話をかけてほしくない人やそもそも土日などで会社が休みの日に契約したい人もいらっしゃるでしょう。そういう時は電話での在籍確認以外に、書面で在籍確認を行ってくれる場合もあります。社員証や給与明細など複数書類の提示が必要になるケースが多いので、利用しようと思っている消費者金融のホームページなどで事前に確認しておくと安心ですね。

契約と返済

キャッシング

では実際に契約を終えてから借り入れ~返済に至るまでの部分についてはどうなのでしょう。 実際に契約をすると、カードが発行されます。そのカードを使ってお金の借り入れ・返済を行うわけですが、カードを使える場所は大きく3つです。そのうち1つはもちろん各消費者金融の店舗に設置されているATMですが、他にもコンビニのATM、銀行のATMでの利用も可能なのです。このことを知っておけば毎回わざわざ消費者金融の店舗まで行かなくても、銀行・コンビニで利用ができるので大変便利ですね。

また、消費者金融によってはカードの発行を行わず全てをWEB上のやり取りだけで済ませてしまう「カードレス」の契約方式が可能なところも存在します。このシステムを利用することにより、申し込みから契約完了、そして普段の利用、返済までをすべて実際の店舗への来店不要ですませることができるので、「消費者金融を利用している」ということが圧倒的にバレにくくなるのです。周囲の目があるから・・・という方は一度来店不要のカードレス形式を検討してみてはいかがでしょうか。現在ですといくつかの条件を満たせばというハードルはありますが、アコム・プロミス・SMBCモビットの3社がカードレスでの契約方式を選択できるようです。

そして実際に借り入れをして返済をするわけですが、会社によって異なってきますが消費者金融の金利は大手であればだいたいが「実質年率4.5%~18.0%」の間におさまってきます(SMBCモビットの下限金利は3.0%)。このように実質年率には幅がありますが、50万円以下の融資であればほぼ上限金利での契約になると思って間違いないでしょう。そして多くの消費者金融では「残高スライドリボルビング方式」と呼ばれる返済方式がとられています。この方式を採用しているところでは返済の際に、ATMの画面に「1回の返済に必要な最低金額」が表示されます。例えば借り入れ残高が1万円~10万円では4000円、10万円~20万円では8000円、20万円~30万円では11000円のような形です。この通りに支払っていけばもちろんいつかは支払い終えることができるのですが、この最低金額よりも少し上乗せした金額を支払えば、それは全て「元金の返済」に充てられることになり、結果としてより効率的に返済を終えることができるのです。これを「繰り上げ返済」と呼びます。なのでお金に余裕のある時は積極的に繰り上げ返済を行い、少しでも早く完済し終えるようにしてしまいましょう。

最後に、今回よく話に挙がってきたアコム、プロミス、SMBCモビットについて少し触れておきましょう。

アコムには自動契約機が設置された店舗が多くあります。もちろん店員がいて窓口で契約できる店舗も存在しますが、自動契約機設置店舗の方が多いです。繁華街や幹線道路沿いにあることが多いので利用しやすいのがいいですね。

プロミスの店舗も有人型・無人型に分かれており、お客様サービスプラザ(有人店舗):無人店舗= 18:1041の比率でやはり無人店舗の方が多いですね。また、プロミス(現社名:SMBCコンシューマーファイナンス)はSMBCグループの利点を利用して全国の三井住友銀行内にローン契約機を置いており、全国に706箇所あるそれらのローン契約機では申込・契約手続き・カード発行が可能です。銀行内部にそのようなスペースがあることを知っておけば選択肢も増えますね。 少し話は逸れますが上記2社(とアイフル・レイク)には初回に限り30日間無利息で利用できるという便利な制度があります。大手の消費者金融だとかゆいところに手が届くようなサービスがあるのも嬉しいですよね。

最後にSMBCモビットの店舗ですが、実は有人店舗及び自社ATMがありません。自動契約機の数も303店舗と上記した2つに比べれば数の点では見劣りしてしまいますが、銀行や他の消費者金融と提携していて、それらのATMを利用することができるので数の面でのデメリットはあまり気にならないかもしれません。

皆さんも消費者金融を利用する際のコツや各会社の特徴をうまくつかんだ上で、賢く利用していきましょう!

rank1

アコム

 

急ぐならアコムがおすすめ!審査は最短30分・融資は最短60分です。また、アコムは初めて利用する方へのサービスが手厚いです。30日間金利0円サービス(契約日翌日から)で安心!さらに、初めての借入に限り振込実施時間の延長(平日18時迄)があるので、窓口に行く時間が無い人にもおすすめです※三菱UFJ銀行/三井住友銀行/ゆうちょ銀行口座に対応。

加えて、クレジットカードタイプの会員カードを発行しているのはアコムだけ(全消費者金融の中で)。「自動契約機」で最短即日カード発行が可能です。

アコム申込ボタン

プロミス

審査は最短30分!即日融資も可能なのはプロミスです。原則24時間最短10秒でお振込可能、はじめての利用なら30日間無利息(メールアドレスとWeb明細利用の登録が必要)もあります。無人契約機の営業時間も長く、提携ATMの数も多いので安心して使えます。

また、郵送物はイヤ!という方は、Web完結ならカードレス(郵送物なし)も対応可能です ※ご希望に添えない場合もあります。

申込は24時間OK、土日でも審査をしています。

 - 即日融資のコツ