無利息キャッシング|ファイナンシャルプランナー直伝!無利息のコツ

無利息キャッシング

家賃の引き落としが足りない?!残高不足…【すぐに何とかする方法】

   

お金が足りない
もうすぐ家賃の引き落としなのに、口座にお金がない・・・

振り込みで支払う予定だけど、お金が足りない・・・

このまま支払いが遅れても、大丈夫でしょうか??

残念ながら、大丈夫とは言い切れません!

家賃が遅れるとどうなる?

確認します!
・まだ家賃の支払い期限前、遅れそう
・もう支払期限を過ぎ、遅れている

どちらでしょうか?

もしまだ支払い期限前なら、サイアク当日でも何とかなる場合があります。

【すぐに何とかする方法】

数日~30日以内に支払いのあてがあるなら、30日無利息サービスを利用したキャッシングがおすすめです。はじめて借りる方は30日無利息、大手キャッシングが提供しているサービスです。これで急場をしのぐ方も多くいます。

正直、無利息ならキャッシングもアリだと思います。

 

もう支払期限を過ぎ、遅れている

家賃の支払いが遅れるとどうなるか、支払いが遅れた後はいくつかのパターンがあります。

  1. 大家や管理会社から、遅れた分を銀行振り込みで支払うように連絡が来る
  2. 催促の手紙や内容証明郵便が郵送で届く
  3. 大家や管理会社に部屋を訪問される
  4. 連帯保証人に連絡される
  5. 強制退去

これらの対処ですが、上から順に実施されるとは限りません。大家さんと管理会社次第なので、いきなり部屋を訪問されたり、自分への連絡よりも先に連帯保証人に連絡されるケースもあります。

1.大家や管理会社から、遅れた分を銀行振り込みで支払うように電話が来る

督促電話

「ついうっかり遅れてしまった」、「たまたま」という場合は、遅れた分をすぐ振り込みで支払ってね、と連絡される場合が多いです。この場合は遅延の利息等も無く、振り込めばそれで解決となることがほとんどです。

ここで支払わずにグズグズしていると、延滞金の請求や保証人への連絡などさらに厳しい対処をされることも。できる限り早く支払うことをおすすめします。

2.催促の手紙や内容証明郵便が郵送で届く

封筒 督促状

これも上記と似ていますが、きちんと形に残る連絡手段であることが重要です。支払い先や支払期限が明記されていることが多く、これを守らないと大家・管理会社はさらに厳しい対処をしてきます。特に内容証明郵便は、どんな内容の手紙をいつ渡したかという記録が公式に郵便局にも残るので、「手紙なんて知らない」、「受け取っていない」といった言い逃れができなくなります。

これも届いたら期限までに速やかに対処するしかありません。

※お金が足りない※
次の給料が10日なので、それまで待ってほしい
等々、事情を説明した上で、いつまでに支払うのでと大家さん・管理会社にこちらから連絡・相談するのも手です。

しかし、期限を約束できない、支払うあてもなければ逆効果になることも。しっかり準備してから連絡をしましょう。

最後の手段ですが、30日無利息サービスのあるキャッシングなどで急場をしのぐ方もいます。

正直、無利息ならキャッシングもアリだと思います。

3.大家や管理会社に部屋を訪問される

訪問、家の呼び鈴、ブザー

自宅に直接、大家や管理会社の担当が訪ねて来ることもあります。これは正直気分が悪いですね。支払いが遅れているので仕方がないのですが、家まで来られて「早く家賃払え!」と言われるのはプレッシャーです。

仕方がありません。険悪になる前に、とっとと支払ってしまいましょう。

4.連帯保証人に連絡される

保証人が親

はじめて支払いが遅れたくらいでは、いきなり連帯保証人に連絡がいくことは少ないのですが・・・厳しい大家や管理会社だとイキナリ連帯保証人に連絡されてしまうこともあります。

保証人は親という方が多いかと思いますが、いきなり親からガミガミ言われるのはイヤですね。自分の親ならともかく、夫や同棲相手など義理の親から説教されたら評判もガタ落ち、最悪です。

できれば保証人に連絡される前に、家賃は支払いたいものです。

5.強制退去

上記の電話連絡や手紙、訪問などの督促を受けても何ヶ月も家賃を支払わずにいると・・・最悪の場合は「賃貸契約の解除、および明け渡し請求」の書類が届きます。つまり『出て行け!』ということです。

家賃を支払わない、という契約違反をしているのは自分なので、家賃滞納(契約違反)→契約解除→退去の要求となります。それさえ無視するといよいよ裁判!強制執行→強制退去までありえます。

1~2ヶ月の遅れで強制退去まで求められることは少ないですが、何ヶ月も家賃を支払わなかったり、または何度も支払いが遅れる場合は厳しく対処されることも。ここまで追い詰められる前に、なんとか家賃を工面したいものです。

まとめ

病気や怪我、冠婚葬祭など、急な出費でどうしても家賃が足りなくなってしまう・・・実は多くの方に経験があることです。特に若い人ほど、収入も少なくて生活が苦しくなりがちです。

しかし、大家さんや管理会社にとっては家賃こそが収入源で給料といえます。遅れたら色々といってくることも仕方がないことです。

余計なトラブルを避けるためにも、できれば家賃は遅れずに支払いたいですね。特に保証人への連絡や裁判沙汰などは、いちど巻き込まれると負担も大きいです。

また、どうしても生活が苦しい場合は、もっと安い家賃の家を探すなど、いちど生活環境を見直す必要もあるかもしれません。

とはいえ、「よくあること」です。不用品の処分や一時的な借金など、みんな色々と工夫をしながら、なんとかやりくりしています。頑張りましょう。

 - 即日融資のコツ