無利息キャッシング|ファイナンシャルプランナー直伝!無利息のコツ

無利息キャッシング

カードローンの無利息サービスって何?本当に得か調べてみた

      2017/09/29

「返すあてはあるのに、今手持ちが無い!」
お金がない時
そんな時、とっても便利なカードローンやキャッシング。

「でも金利が高いから使いたくないし、消費者金融は恐い…」

そんなイメージはありませんか?
こちらでは、そんなマイナスイメージをプラスにするオススメの方法をお伝えします!

【無利息期間のあるおすすめカードローンはコチラ!】

消費者金融は恐くない?

消費者金融が恐いと思うのは、昔のキツい取立てと、高い金利でカード破産してしまうのではないかということではないでしょうか? 確かに昔は、煙草を吸いながら仕事をしているガラの悪い所もありました。 貸せるだけ貸して、高い金利を取り、返済が滞れば勤務先まで電話したり親に弁済を迫ったり、隣近所に電話したり、取立てに行ったり… ところがこんな激しい取立てによって自殺者が出たり破産者がでたりと世の中では社会問題となりました。

そこで消費者金融等の貸金業において2006年に成立した法律「貸金業法」は段々と施行され、2010年に改正法が施行されました。 ここでは「取立行為の規制」として私生活や仕事の妨げになるような取り立ては禁止となり、過剰貸付を抑制するための「総量規制」がしっかりと確立され、個人の借入において収入の3分の1を超える貸付の禁止等が決まりました。

そして、高金利の元となっていたいわゆる「グレーゾーン金利」も撤廃されました。

これらを違反した貸金業者は罰金や懲役、業務停止命令等の重い罰則が決定されたのです。もちろん支払日を過ぎれば連絡は来ますが、携帯電話からですし「督促」というよりは「お知らせ」からです。

どうしても支払いができない時でも、きちんと連絡すれば相談にものってくれます。 過剰な使いすぎに関しても、自分で管理できるのが一番ですが、相談すれば返済計画等も教えてくれます。

支払う金利が高い?

消費者金融は金利が高いイメージです。銀行系のカードローンと比べるととても高いのでは?と思うところですが、銀行系のカードローンは上限金利は年14%台~年16%くらいとなっています。

一方、消費者金融の金利は平均的には年18.0%です。実はこれはクレジットカード等のキャッシングの金利と同じなのです。消費者金融の金利はひと昔前はかなり高く30%近くあり、それより前は更に高い時期はありました。

しかし!この金利も利息制限法や出資法等の法律により、借入金額にもよりますが上限金利は20%となり、イコール遅延損害金に適応し、平均的には18%が主流となったのです。

無利息のサービスって?

実は消費者金融の中でもいくつかは、30日間無利息サービスを行っているのです! これは銀行系との差別化や、貸金業法により業績が落ちた消費者金融業者が集客数を上げるために始めたのです。 無利息イコール利息「0円」なので、期間内に借りたぶんだけ返せばOKです!

30日無利息サービスがある大手キャッシングはコチラです。

大手消費者金融であれば、テレビCMでもよく見かけるので明るいイメージと安心感もあります。

アコム

アコム 看板

初めての借入で返済期日を35日間ごとにすると、契約日の翌日より最大30日間無利息で利用が可能です。 スマホで申込みで最短30分の審査が可能で、カードもシンプルなデザインです。

プロミス

プロミス 看板 初めての借入でメールアドレス登録とWeb明細利用の登録で、借入翌日から30日間無利息で利用ができます。 他にもポイントを貯めて1週間無利息のサービスもあります。 Webで申込みから契約まで完結もできます。 上限金利は年17.8%と他社より少し低い金利です。

アイフル

初めての借入で無担保キャッシングローン利用の場合、 契約翌日から最大30日間無利息で利用ができます。 また、無利息期間のサービスとは別に低金利のおまとめ商品もあります。

30日間無利息サービス利用の注意点

上記3社では、実は30日間の無利息期間のサービスはまず初回の借入であることが前提です。 次に条件を見ると、プロミス以外は契約日の翌日から30日間なので、とりあえず先に契約だけして、借りるのは後とするのはもったいないです。

プロミスの場合は借入れた翌日からなので契約だけしておくのもオススメです。

無利息期間のサービスを賢く使おう!

無利息期間のサービスはいちど利用してしまえば、30日間の分だけしか無利息にはなりませんし、既に利用済みの場合は基本的にサービスは受けられません。

しかし、例えばアコムで一度利用をして無利息期間を使ってしまっているのであれば、新たにプロミスを契約して条件を満たして無利息期間のサービスを受ければ良いのです。 またプロミスが終了したら次はアイフルといったように使っていけば無利息期間のサービスを繰り返し適用できます。

注意点

ここで注意しなければいけないことがあります。実は借入だけをどんどん増やすことはデメリットだらけなのです。借入だけを増やしていくと、結局のところ貯金が増えた感覚に陥りやすいのですが、実は借金が増えているのです。気がつくと多重債務者になる可能性があります。しかも他社の借入が増えれば審査が通りにくくなったり、件数や金額が増えれば今まで利用できていたカードもストップする可能性があります。貸金業者は信用情報機関に登録しているので、借入内容がすべてわかってしまいます。 そのため、まずは1度完済してから、次の申し込みをするのがオススメです。

まとめ

無利息期間がある消費者金融は、すぐに金利が発生する銀行系カードローンやクレジットカードのキャッシングと比べてもとてもお得です。

特に大手消費者金融だと、店舗が多く、手数料無料のATMがたくさんあります。 もちろんネットでの借入や返済もできるし、銀行の自動引落としサービスをしてくれたりもします。

審査もスピーディーな消費者金融はパートやアルバイトでも安定した収入さえあれば利用できます! 借入しやすく使いやすい大手消費者金融を賢く利用しましょう!

 

プロミス

審査は最短30分!即日融資も可能なのはプロミスです。原則24時間最短10秒でお振込可能、はじめての利用なら30日間無利息(メールアドレスとWeb明細利用の登録が必要)もあります。無人契約機の営業時間も長く、提携ATMの数も多いので安心して使えます。

また、郵送物はイヤ!という方は、Web完結ならカードレス(郵送物なし)も対応可能です ※ご希望に添えない場合もあります。

申込は24時間OK、土日でも審査をしています。

 

アコム

 

急ぐならアコムがおすすめ!審査は最短30分・融資は最短60分です。また、アコムは初めて利用する方へのサービスが手厚いです。30日間金利0円サービス(契約日翌日から)で安心!さらに、初めての借入に限り振込実施時間の延長(平日18時迄)があるので、窓口に行く時間が無い人にもおすすめです※三菱UFJ銀行/三井住友銀行/ゆうちょ銀行口座に対応。

加えて、クレジットカードタイプの会員カードを発行しているのはアコムだけ(全消費者金融の中で)。「自動契約機」で最短即日カード発行が可能です。

アコム申込ボタン

 - 無利息